てまり通信☆地球に住めてしあわせNO.146

2017.06.03 08:24|てまり

みなさま おはようございます(*^o^*)


素晴らしい天気で気持ちがいいです

今日は、気になっていた窓をピカピカにお掃除するのが楽しみです♪


みなさんにとって楽しい1日になりますように!




理学博士・保江邦夫さんの 空間に対する考えをシェアします



私たちはこの空間に抱かれて存在しています


空間とつながりをもつ


そもそも空間を友にするという習慣は昔から存在していました


その代表的なものが相撲です


力士は土俵で塩をまきますが そうした取り組みまでの間に


いかに土俵の空間を味方につけられるかが 勝敗を左右していたそうです


古代ギリシャのオリンピックも同じです


試合前に両選手に瞑想させ自我がなくなり 空間とのつながりが生まれやすい状態になって


はじめて競技場にでていかました


実際に空間を味方につけるには


空間に対して「ありがとう」という言葉をかける 手をあわせることで 空間とのつながりが 生まれ 


空間の方から私たちを応援してくれるようになります。


もっとも空間を味方につける良い方法は


「どんな状況でも、今の自分に満足して生きる」


不平不満や何か満ち足りない思いで生きない


住む家もある その日着るものも食べ物もある


物質的に恵まれながら「もっともっと」と常に無いもの探しをしない



今 十分しあわせな人を空間は全力で応援してくれる


満足って「足を満たす」と書きます


何で足を満たすのかというと血液なのです


足が第2の心臓と言われる理由は 心臓の鼓動だけではからだ全体に


血液を送るのは不可能だからだからなのだそうです


人間は この足があって はじめて現状を打破できるようにできています


つまり 自分から満足しなければ いつまでたっても突発口は開けないということです


たとえ どんなに過酷な企業に勤めていても どんなにひどい旦那さんがいても関係ありません


今の自分に満足することからすべてはじまります


・・・・・・・・・・・・

空間に感謝し、応援してもらえる生き方をしていきたいです



最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも心より感謝しています。


今日という日が、あなたにとって素晴らしい1日となりますように!


★バイオアロマ取次店
★まるかん特約店


若返り研究所てまり
小西一代


てまり通信の配信が必要ない方はお手数ですがお知らせくださいね。





スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント