てまり通信☆地球に住めてしあわせNO142

2017.05.30 08:37|てまり

みなさま おはようございます(*^o^*)


ここ数年でフェイスブックやラインなどのサービスが日本であたり前ように使われるようになりました!


ヨーロッパでは(特にドイツ)では、FuTureNet(フューチャーネット)がフェイスブックのシェアを抜いた話をききました


そのうち日本でもみんなやるようになるかもしれませんね(笑)


今日という日が すばらしい1日になりますように!


TCカラーセラピー本部、開発者の中田哉子(SAIKO)先生のメルマガを紹介します。



***

今日のテーマは、
「悩みから抜け出そう!」

悩んで、悩んで、なかなかそこかた抜け出せない時、
私たちは、自分にベクトルが向いています・・・


例えば、私は今、ウエイトトレーニングをしていますが
こんな悩みがあります。


・足の筋肉が弱い

・腕立て伏せが苦手


他の人が、楽々できるようなことでも、私にはできない…



もし、私が自分にベクトルが向きすぎるとどうなるでしょうか?

「どうして私は足の筋肉が弱いのだろう…?」

「もう何年も運動らしい運動をしていないからだ」

「なぜ、筋肉が落ちる前に運動を習慣化しなかったのだろうか?」


すると、脳は「できない自分」を証明しようとアンテナが立ちますから

「自分よりできる人」に」ばかり、目が行くようになり、
余計に、落ち込んでしまうわけです…


そして、「できない自分」が恥ずかしいと思い
「できない自分」がダメな奴だと思い

そこから逃げ出したくなります。


私たちの心には、同時に矛盾した欲求が生まれることがあります。

「達成欲求」と「回避欲求」です。


達成欲求は、ベクトルが外に向いています。
誰かに、褒められて嬉しくなったり
自分の達成が誰かの喜びになったりします。


回避欲求は、ベクトルが内に向いています。
できない自分は、恥ずかしいからできるようにがんばろう・・・
できない自分はダメな奴だから、そうならないようにがんばろう・・・


でも、結果できないから、悩み、また自分を責めるを繰り返します。


そういうスパイラルにハマっている人は、
ぜひ、ベクトルを外に向けてみましょう。


何か、上手く行かなくて、悩んでいるなら、
できない自分の方を見るのではなく・・・

出来る人を観察して、そのようにやってみたり


やりたいけど恐くてできなくて悩んでいるなら、
既にそれができている人の話をたくさん聞いてみたり、


お金が無くて悩んでいるなら、
なぜ、自分にお金が入らないのかと自分の方を見るのではなく・・・

自分にできることを誰にしてあげたら良いか
そういう視点で世の中を見てみたり


会社の人間関係で悩んでいるのなら、
自分がその人たちに、されたことばかり考えるのではなく

その人が求めているものは何かを考えてみたり。

結果、それがどうしても自分にできない無理なことなら
そのことを伝えたり、

理解されないなら理解してもらえる場所に行くことも大切です。


やりたいことが見つからなくて・・・
「私は何がしたいのか?」と悶々と考えてばかりで苦しいなら

私を必要としてくれる人のために
一生懸命何かしてみるとか。


私は、OL時代、何がしたいのか分からなくて
とても苦しく、悶々とした日々を送っていたことがありました。

でも、そこから抜け出して、本当にやりたいことに
出会えたのは、ベクトルを外に向けたからです。


会社で与えられた仕事を一生懸命やりました。

でも、やっているうちに、やはり組織ですから
自分の思った通りにやらせてもらえないこともあり・・・

そこで気づいたのです。


私のやりたいことは、コレだ!

ってね。


やりたいことを探しているうちはみつかりませんでしたが

求められることを一生懸命やっていたら、
欲が出て来て、もっとこうしたい!という思いが自然に湧き出て来ました。



もし、あなたが、何がやりたいことなのか
分からなくて苦しいなら、

一度、ベクトルを外に向けてみて!


答えは、内側からやって来るけれど、

そのキッカケを与えてくれるのは、
いつだって、外からの情報なのだから!




***

・・・・・・・・・・・・
ベクトルを外に向けることも大切だなぁ~と感じました


なんでも、大切なのはバランスですよね


いつもニュートラルな状態がやはりいいです!



最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも心より感謝しています。


今日という日が、あなたにとって素晴らしい1日となりますように!


★バイオアロマ取次店
★まるかん特約店


若返り研究所てまり
小西一代


てまり通信の配信が必要ない方はお手数ですがお知らせくださいね。






スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント