てまり通信☆地球に住めてしあわせNO.214

2017.05.11 08:26|てまり

みなさま おはようございます(*^o^*)


今日の一時半から、浜松町の商工会議所で、バイオアロマのオポチュニティが開かれます。

タイミングよく時間がとれる方は参加してみてくださいね


はじめて参加する方には、超優れものの「生プレミアムスプレー」がいただけます♪


★バイオアロマの浄水器「マグソフィア」のキャンペーンがはじまりました!


マグソフィアを購入するとなんと11万マイル(11万円分)のアロマ水のプレゼントがあります!

マグソフィアが気になっていた方にとっては、ビックチャンスになります!♪


今日という日が すばらしい1日になりますように!


以前 一人さんが紹介してくれた「日本人には塩が足りない!」という本を再度 読みなおしてみました


テレビなどの情報番組などでは 減塩をさかんに呼び掛けていますが
(マスコミなどにしっかり洗脳されている人が多いようです)


塩は特別な場合を除き 減塩などせずにしっかりとらなければいけないそうです


無理な減塩による塩不足によって 多くの人が「健康障害」を起こしているのに だれもそのことに気づいていません


塩は人間にとって「いのちの源」なのです



食べ物は それ自体をひとつの「生命体」ととらえます


だから米ならば玄米 野菜であれば皮ごといただくのが もっともその食べ物のパワーを取り入れることができる方法なのです


あくまで「全体」に意味があるのです


塩も同じです


海水をまるごと凝縮したものを取るのが 全体をいただくことになるのです


塩を選ぶ際に 海水から直接生産してこそ 「いい塩」と呼べるものができるのです


現在の日本で生産 消費されるほとんどが 超高純度の塩(食品加工の原料塩も同様です)

常用するのは体によくない


イオン交換膜法による塩は大切な微量ミネラルが排除されているので オススメできない


伝統海塩は まろやかで ほんのり甘味もあって おいしい


おいしい塩とはズバリ、5つの塩類のバランスがいい塩


塩をとりすぎかどうかは体が教えてくれる


人間には どんなスーパーコンピューターもかなわない「舌」という有能なセンサーがついている


舌で味わったときに「おいしい」と思ったものが 体に合ったものです


このスーパーバソコンなみの優秀なセンサーがマヒしてしまうのが 精製したもの


精製塩 白砂糖 科学調味料など


こういう純度の高い 不自然なものに対しては センサーがよく働かないのです


だから食べ過ぎてもわからないのです


特に白砂糖は センサーがマヒしてしまうから いくらでも食べられるのです


精製食品にはそうした「習慣性」があります



この本には 今回紹介できなかった たくさんの興味深いことが書かれていますので、チャンスがあれば一読してみてくださいね


今 我が家で使っている塩は「地球の雫」というお塩ですが


塩を変えただけで 梅干しや味噌 料理の味が変わったのには びっくりしました


ミネラルのバランスがいいのと、ソマチッドが入っているので気にいってます


塩の重要性が知れ渡って 体によいお塩を使う人が増えると 健康な人も増えるようになるのかも!と感じてます


ちなみに、20グラムの塩を180ccの水で溶いたもので、顔や身体を洗っていますが、いい感じです♪


最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも心より感謝しています。


今日という日が、あなたにとって素晴らしい1日となりますように!


★バイオアロマ取次店
★まるかん特約店


若返り研究所てまり
小西一代


てまり通信の配信が必要ない方はお手数ですがお知らせくださいね。












スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント