てまりニュース♪第532号

2016.07.05 06:45|てまり

おはようございます。てまりニュースを読んでくださるあなたの人生を心から応援しています。

《天国言葉》
愛しています。ついてる。うれしい。楽しい。感謝しています。しあわせ。ありがとうございます。ゆるします。

天之御中主様(あめのみなかぬしさま)お助けいただきましてありがとうございます。

※てまりのオススメ♪

《シルバーあさみの人生が覚醒する言霊プログ》たくさんの気付きがあるプログです。


てまりが紹介している商品やセミナーなどは↓
temari722@willcom.comにお問い合わせくださいね♪

昨日のお話しの続きです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さらに 次に生まれてくるときは より高い精神レベルになっているというのが輪廻転生である。


人間はこうして何度も何度も生まれ変わって 倫理観 道徳観の高い社会を築いてきたのだ。


「生まれ変わることができる」という教えは Sさんのような人にとっては希望である。ただ 今つらい人生を送っている人にとっては 一つ厄介なハードルをこえなければならない。


生まれ変わるためには 一度死ななければならないのだ。これは ある意味 厄介ではないか。


死ななくても 生きたまま生まれ変わった人たちを 今まで何人も取材してきた。


アニメ『もののけ姫』の主題歌で一躍国民的スターになった米良美一さんも かなりつらい過去を背負っていた。


自叙伝『天使の声~生きながら生まれかわる』には彼の波乱に満ちた半生が綴られている。


人間は 生きてさえいれば 悲しい過去を背負っていても つらい現実に直面していても 自分の中の無限の可能性と出合うことができる。


昆虫のチョウだって 幼虫の頃は葉っぱの上でしか生きられなかった。じっと殻の中に引きこもっていたサナギの時代もあった。


天敵に襲われても 身を守る術もなかった。ても 生きてさえいれば 彼らは内なる力によって 翼を得て 大空に羽ばたく。


この「生きながら生まれ変わる」状態を 生物学では「変態」というらしい。


これは昆虫だけの話ではなく 人生にも当てはまる。

ただ 人間がこの言葉を使うと違う意味に捉えられる。これもまた厄介である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

芋虫がきれいなチョウになって羽ばたくのも、一種生きたまま 生まれかわること 人間の場合 容姿が変わらなくても 中身がまるで違う人になることもありますよね。


自分がどうしたいか どういう人間になりたいかが わかると 変容が始まるのかもしれません。


ファスティングも一種生まれかわりですよね!とメッセージをいただきました。
今日は2日目ですが、意識がクリアになってきている感じがしています。いつもより瞑想の時間を長くしてみます♪


最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも心より感謝しています。

地球を愛の星に!

ファスティングと減食を世界の文化に!

★ゲットラックカンパニー正規代理店
★まるかん特約店
★バイオアロマ

今日という日が、あなたにとって素晴らしい1日となりますように!

*自他共にしあわせ♪


若返り研究所てまり
小西一代





スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント