てまりニュース♪第524号  

2016.06.27 06:51|てまり

おはようございます。てまりニュースを読んでくださるあなたの人生を心から応援しています。

《天国言葉》
愛しています。ついてる。うれしい。楽しい。感謝しています。しあわせ。ありがとうございます。ゆるします。

天之御中主様(あめのみなかぬしさま)お助けいただきましてありがとうございます。


てまりのオススメ

JOKA青汁12960円

体験談 をいただきました♪

N.H 様 静岡県 60代 1日〓2回 食前

食前に JOKA青汁 を1包飲んでいます。お通じがとても楽になりました。トイレに座っている時間もとても短くなったし、便がツルンと出るので便器もほとんど汚れません。トイレの後の匂いも気にならないし、オナラが出ても臭いがあまりしないようで、家族にあまり気がつかれないのです。食前にうっかり忘れた時でも、気がついたらすぐ飲むようにしています。ずっと続けたいと思っています


お客様のお母様が、JOKA青汁のとろみが苦手で、あまり飲めなかったようですが、薄めてみたら、飲みやすいと言って飲んでもらえました!と教えてくれました♪

これからの季節は冷たくしたものが(少しだけ)、美味しくいただけそうですね。

てまりが紹介している商品やセミナーなどは↓
temari722@willcom.comにお問い合わせくださいね♪

アルフォンス・デーゲンさんのお話をシェアします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中年期を過ごす人たちに起こる「8つの危機」があります。その中から2つ紹介したいと思います。


まずは「時間意識の危機」です。


私たちは中年期になったある日 突然「人生の半分がすぎさった」と意識し初めます。


これが時間意識を変えなくてはいけない起点となります。


ギリシャ語で「時間」を表す概念は「クロノス」と「カイロス」という2つの言葉で表されます。


クロノスは 年 月 日 分などの量的な時間です。

これに対してカイロスは一度だけの 二度と起こりえない決定的な瞬間です。


私たちはクロノス的時間をコントロールできません。今この瞬間も「時間」は過ぎさります。


けれども 時間の尊さを発見することができます。


それがカイロス的な時間を意識することです。


今後も楽しいさや嬉しさを感じる決定的な瞬間が訪れることでしょう。


その瞬間がいかに大切が それを知っていただきたいのです。


人生の半分が過ぎてしまったかもしないけれど これからは時間の尊さを意識できます。それはすばらしいことだと思います。



次に「思い煩う危機」です。


私はニューヨークの大学院在学中 シカゴで叔母が経営する老人ホームを見学し 滞在しました。



そこで 出会った人の中には「明日は雨が降るか降らないか」を前の日から思い煩う人がいました。


天気は私たちの力ではコントロールできませんから 煩うのはバカみたいでしょう。 


ですから 私は次のスローガンを作りました。


「晴れてもアーメン 雨でもハレルヤ!」


そんな気持ちで過ごすことが大事だと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

生きていると 本当にいろんなことに遭遇し 一喜一憂しがちですが 自分の機嫌を自分でとれるようになると、楽に生きていけるようになるように思います。

人に自分の機嫌をとってもらう生き方から 自分で自分の機嫌をとる生き方ができる そんな大人が増えるといいですね。


最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも心より感謝しています。

地球を愛の星に!

ファスティングと減食を世界の文化に!

★ゲットラックカンパニー正規代理店
★まるかん特約店
★バイオアロマ

今日という日が、あなたにとって素晴らしい1日となりますように!

*自他共にしあわせ♪


若返り研究所てまり
小西一代




スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント