てまりニュース♪第502号

2016.06.06 06:48|てまり

おはようございます。てまりニュースを読んでくださるあなたの人生を心から応援しています。

《天国言葉》
愛しています、ついてる、うれしい、楽しい、感謝しています、しあわせ、ありがとう、ゆるします

天之御中主様(あめのみなかぬしさま)お助けいただきましてありがとうございます。

※てまりのオススメ
みやざき中央新聞(毎月1000円)毎週郵便で送られます。読むと元気になる新聞です。興味がある方には、1ヶ月お試しで送ってくれますよ。


みやざき中央新聞の 魂の編集長  水谷もりひと さんのお話をシェアさせていただきます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


潜在意識という概念は この10年ぐらいで随分世の中に広まった。それは「もう一人の自分」とも言われている。


たとえば「恋人がほしい」と思っていても 潜在意識が「恋愛なんて面倒くさい」「自分の時間がなくなる」などと思っていると不思議と出会いが訪れない。



「ダイエットしよう」と決意しているのに 潜在意識から「今日は特別な日だから食べてもいいよ」とささやかれるて つい食べ過ぎてしまう。


人生の悩みのほとんどは 自分の頭で考えている顕在意識と「もう一人の自分」が 考えている潜在意識が 一致しないことから生まれる。どちらも「本当の自分」だからこそ悩むのだ。


人生 物事がうまくいっているときは この「二人の意識」が一致しているときなのだそうだ。



以前 潜在意識の専門家から その「二人の自分の意識」が一致させるコツコツを聞いた。


それは「支点を持つこと」だという。



「支店」とは テコの原理の要になるところである。テコを使うと大きな物でも小さな力で持ち上げることができる。それは固定された支店が絶対動かないからである。



そういう「絶対に動かない信念」すなわち それが「人生の支点」になる。


たとえば「会社のトイレ掃除は自分がする」と決意した経営者がいたら、それがその人の支店になるし



「職場に誰よりも早く出社して掃除をする」という人にとっては それが支店になる。



将来自分の夢を実現させるためにコツコツ努力してお金を貯めている人がいたら それがその人にとっての支点だ。



「これをやりたい」「こうありたい」の後に続く 「でもお金がない」「でももう年だから」といった否定的な言葉は言わない。


これが動かない支点をつくるコツだ。


25年を振り返ってみると どんな状況下にあっても「心に響く言葉を届けたい」という支点があった。


支点をもとう。それは必ずあなたの人生をもちあげる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
百人いたら 百通りの支点がきっとあると思います。最後に否定語を使わないのを踏まえて、自分の支点って なんだろうって 考えてみるのも 楽しそうですね♪


最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも心より感謝しています。

地球を愛の星に!

ファスティングと減食を世界の文化に!

★ゲットラックカンパニー正規代理店
★まるかん特約店
★バイオアロマ

今日という日が、あなたにとって素晴らしい1日となりますように!

*自他共にしあわせ♪


若返り研究所てまり
小西一代





スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント