てまりニュース♪第445号

2016.04.10 06:55|てまり

おはようございます。てまりニュースを読んでくださるあなたの人生を心から応援しています。

《天国言葉》
愛しています、ついてる、うれしい、楽しい、感謝しています、しあわせ、ありがとう、ゆるします

天之御中主様(あめのみなかぬしさま)お助けいただきましてありがとうございます。

※てまりのオススメ
バイオアロマ(ファイトアロマケミカル水溶液)植物の香りの振動が首から上の情報素に働きかけます♪
今までにない健康法だと思いますので、話を聞くチャンス(社長講演会やオポチュニティ)で聞いてみてくださいね。来月は12日、29日(東京は)にあります♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「全身の健康と 口腔ケア!」


口腔ケアとは、口の中の衛生状態を改善させることですが、その目的は、感染予防、口腔機能や全身の健康維持・回復、日常生活動作・生活の質の向上などに及びます。



口が健康ということは、「よく食べることができる」「よく話すことができる」「大きな口をあけてよく笑うことができる」と、この3つを満たすことだそうです。



つまり、よく噛める歯が有り、正しく発音できる歯並びや舌の機能があり、唾液の分泌が正常で、そのうえ歯が美しく、口臭を気にせず話しができる口であることのようです。



口の健康は全身の健康にも影響するのです。


歯が全くない人のQOL(生活の質)は低くて20本以上残っている人と比べると身体的健康状態は実に10倍、精神的健康状態も3倍悪化したという報告があるそうです。




歯がなくなるとよく噛まずに飲み込むため、消化・吸収に影響があります。



また、噛み合わせも悪くなるので、口の周囲の筋肉や骨に影響が表れ、肩こりや頭痛、めまいなどの原因にもなり、イライラや疲労感、不眠といった不定愁訴の原因にもなるそうです。



歯を失う理由の多くは、虫歯や歯周病だそうです。



口の中には数百種類もの細菌が居て、プラーク(歯垢)を作ります。



プラークにも善玉と悪玉があるのですが、虫歯も歯周病も、このプラークが原因で起こる感染症だそうです。


対策のポイントは、歯磨きや糸ようじを使った感染源の除去、それに禁煙なども有効だそうです。



日々のケアをしっかり行い、歯を失わないようにしましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お年寄りの死亡原因の一番目に肺炎がありますが 口の中の歯周病菌が大きく関わっているそうです。


バイオアロマ(緑豆)を口に少量含んでクチュクチュうがいをすることで 口の中の善玉菌が優勢になり歯肉がしっかりしてきます


口の中の環境を整えることも大切ですね。


最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも心より感謝しています。

ファスティングと減食を世界の文化に!

★ゲットラックカンパニー正規代理店
★まるかん特約店
★yevo
★バイオアロマ

今日という日が、あなたにとって素晴らしい1日となりますように!


若返り研究所てまり
小西一代





スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント