てまりニュース♪第424 号

2016.03.20 06:50|てまり

おはようございます。てまりニュースを読んでくださるあなたの人生を心から応援しています。

《天国言葉》
愛しています、ついてる、うれしい、楽しい、感謝しています、しあわせ、ありがとう、ゆるします

天之御中主様(あめのみなかぬしさま)お助けいただきましてありがとうございます。

※てまりのオススメ
ザ・マスタードリンク12960円美味しくてとっても飲みやすいので、ファスティングや減食に最適です。


ファスティングの凄さを書いたメルマガをシェアしたいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「昔からあった食べない健康法!」



イエス・キリストは弟子たちに「祈りと断食で治しなさい」と教えたそうです。


また、釈迦も弟子たちに「病気は断食で治すべきである」と伝えたそうです。



古代ギリシャの歴史家であるヘロドトスは「エジプト人の健康と若さのもとは、月に三日間の断食を行うことにある。それゆえエジプト人は世界で一番健康である」と記しているそうです。



よく知られている事ですが、ピタゴラスは40日間もの断食を定期的に行ったと言われています。



ピタゴラスは、断食すれば頭が良くなると考えていたらしく、弟子たちにも断食を命じていたそうです。



ソクラテスやプラトンも、ひらめきを得るために10日間の断食をしていたそうです。



断食により、体内の毒素が排出されると、より深く考える事ができ、心は晴れ上がり、生まれ変わった身体と心に新しい世界が広がり始めると言われます。



ここで、医聖と言われた、ヒポクラテスの言葉を紹介しておきます。



「食べ過ぎてはいけない。むしろ、腹の中を空っぽにしてしまったほうがよいこともある。人間はもともと病気を治す力を備えている。医者はその力が十分発揮できるよう、手を貸してやるだけでよい。



身体の大掃除がされないままでどんどん食べてしまうと、その分だけ身体の害
なる。病人に対してやみくもに食べさせると、病気のほうまで養ってやること
なる。
何かにつけて、度を越すというのは自然に反するこ
となのだ」



このように、私たちには自分で病気を治す力があるのです。



その力を引き出すのが断食ということでしょう。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


昔から 自分の身体を調整するには 断食がいいと 知られていたんですね。


今は ファスティングをする際 ミネラルを含んだザマスタードリンクなどを使ってできるので ひもじいなどの悲壮感はないですよね。


身体と心が軽くなる爽快感を ぜひ味わってください~

私はまたその爽快感を味わいたくて昨日からファスティングをはじめました♪


最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも心より感謝しています。

ファスティングと減食を世界の文化に!

★ゲットラックカンパニー正規代理店
★まるかん特約店
★yevo
★バイオアロマ

今日という日が、あなたにとって素晴らしい1日となりますように!


若返り研究所てまり
小西一代


スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント