てまりニュース♪第413号

2016.03.09 06:36|てまり

おはようございます。てまりニュースを読んでくださるあなたの人生を心から応援しています。

《天国言葉》
愛しています、ついてる、うれしい、楽しい、感謝しています、しあわせ、ありがとう、ゆるします

天之御中主様(あめのみなかぬしさま)お助けいただきましてありがとうございます。

※てまりのオススメ
バイオアロマ(ファイトアロマケミカル水溶液) 
首から上の情報系を整えてくれます。



歯周病について書いてある記事をみつけましたのでシェアしますね

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


歯周病を「単に歯が抜けるだけの病気」と片付けてしまうのは大間違いです。


最近の研究で歯周病は全身に悪影響を及ぼすことがわかってきてあるのです。


特に糖尿病と密接な関係があるほか 突然死の原因になりかねない心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めたり 失明や手足の切断につながるような重症になったりするのです。


歯周病菌が血管内に入ると血栓ができやすくなり 突然死を引き起こしかねない心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めるという研究結果もでています。


歯周病菌は心筋梗塞の原因である動脈硬化を進行させることがあるのです。


口の中に住んでいた歯周病菌は 食事中などで傷ついた口の中の粘膜の毛細血管から血管内に入りこみます。


その歯周病菌の刺激により動脈硬化を誘導する物質がでてきて 血管内にプラークと呼ばれるお粥状の沈殿物ができることで 血液の通り道が狭められ 心臓の冠動脈を硬化させると言われています。


歯周病を予防 治療はまずは基本は 歯磨き=ブラッシングです。



歯と歯ぐきの間を意識して 一本一本丁寧に磨く意識が必要です。


こまめなうがいも欠かせません。一度のうがいだけでお口の中の細菌がかなり出ていくと言われています。

がらがらうがいだけでなくブクブクうがいもこまめに行いましょう。


とはいえ 毎日しっかりブラッシングしても 必ず歯石はついてきます。目安としては3ヶ月に一度 つまり季節ごとに定期検診を受診して歯石をとっていくのが理想です。


定期的に歯のクリーニングを行い 口の中の細菌数を減らすことが免疫力の低下を防ぐことにつながります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
口の中の環境を整えることは 単に歯のことにとどまらず 身体全身に良い影響があるんですね。


(バイオアロマを使って)クチュクチュうがいをすることで 口の中の菌バランスが善玉菌優位になると歯周病菌(歯茎も)の心配はなくなりますね。


今月は(東京) 10日、 27日に バイオアロマのお話が聞けますので 興味がある方は てまりの小西に問い合わせくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも心より感謝しています。

ファスティングと減食を世界の文化に!

★ゲットラックカンパニー正規代理店
★まるかん特約店
★yevo
★バイオアロマ

若返り研究所てまり
小西一代

さようなら☆ごきげんよう




スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント