てまりニュース♪第272号

2015.10.22 06:41|てまり

おはようございます。てまりニュースを読んでいただいているあなたの人生を心から応援しています☆


※てまりのオススメ

☆青汁酢
\5000(税別)
飲みやすい粒なので、家族そろってどうぞ!


田宮ようこさんのブログをシェアさせていただきますね。


~~~~~~~~~~~~~~


私はいままで編集の仕事で 「成功者」や「幸せなお金持ち」と呼ばれる人を たくさん取材してきました。



その中で気づいたことがあります。


いま 成功している人ほど 実は……


とても複雑な境遇で育っていたり 貧しい家で育っていたり 大変な病気を経験していたり  そいいう方が 多いのです。



成功している人は 「小さいころ 大変だったんだよ」という話は 最初からしません。


何かのきっかけで(雑談とかで)そういう話になったときに


さらっと「こうだったんだよ」と話してくれるのです。


そして 最後に言うのが この言葉 


「私はあの経験があったから 今がある。あの経験に本当に感謝しているんだよ」


心からそう思って言っているのです。



すごいなぁ と思います。

人は「つらい経験」があると それをどうしても 言い訳にしてしまいたくなるものです。



「親がああだったから 私がこうなった」


「学校に行ってなかったから いま仕事がない」


「病気になったから ○○ができない」などなど


どうしても マイナスの要因として考えがちになります。



しかし 成功している人はちがうのですね。



「あの つらい経験があったからこそ 人の気持ちがわかるようになった」


「貧しかったからこそ どうしたらお金をかせげるかと一生懸命考えた」


「学校に行ってないからこそ たくさん本を読んで勉強した」


「ああいう親だったから 自分はいい親になりたくてこういうふうに子供に接している。


この方たちの手にかかると

「つらい経験」かすべて

「プラスの要因」となってしまうのです。


人は誰でも多かれ少なかれ「つらい経験」を持っていると思います。


そのつらい経験に対して



「こうだったから いまの私になれた!


だから あの経験ってありがたいんだ!」


と 感謝した時

その人の運は 飛躍的に上がっていくのだと思います。


~~~~~~~~~~~~

ひとりさんは 「過去は変えられるんだよ オレたちの思い方ひとつでね」と教えて下さってます。


つらかった過去の思い出も 自分が成長するために必要だったんだ!と思えたら 感謝に変わるのかもしれませんね。



最後まで読んでいただきありがとうございます。いつも心から感謝しています。


*ファスティングと減食を日本の文化に!


★ゲットラックカンパニー正規代理店
★まるかん特約店
★yevo


若返り研究所てまり
小西一代

さようなら☆ごきげんよう
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント