てまりニュース♪第 254 号

2015.10.04 06:13|てまり

おはようございます。てまりニュースを読んでくださってるあなたの人生を心から応援しています☆

※てまりのオススメ&お知らせ

☆「脳が蘇る断食力」
山田豊文著
一度読んでみてくださいね


☆PM速読セミナー

11月1日(場所と時間はこれから決まります)

進化体操(とろける整体も)を教えてくださっている津田先生から学びます。
受講したその日から三倍のスピードで文章を読むことができる人がでてくるぐらい、すごい講座です!

私はずっと興味があって、今度の講座にようやく参加できそうです。

興味がある方は、直接小西に問い合わせくださいね。


減食やミネラルファスティングの記事をシェアします。
~~~~~~~~~

肝臓病、腎臓病も 減食で改善!」



肝臓は体内に侵入してきたあらゆる毒素を分解処理する機能があります。しかし、処理できる能力には限界があり、それを越えると、処理しきれない分は、肝臓内部に蓄積されていくようです。




これが、やがて肝硬変などの肝臓病へと移行していくのだそうです。


これも、ファスティングなどで入ってくる食事を断てば、肝臓は自己修復して肝臓病も治るのは当然のことだそうです。



次に腎臓ですが、腎臓は、ろ過装置として、常に血液を浄化しているのです。




しかし、食べ過ぎてしまうと、栄養過剰となって、老廃物を処理しきれなくなるようです。




ちょうど、台所の排水口の生ゴミ受けが目詰まりしてヌルヌルになるように老廃物が蓄積されてくるのです。



ところが、ファスティングを始めると、空腹になった身体は栄養が欲しくなり、あのヌルヌルでさえも栄養として消費してしまうのです。



つまり、腎臓は自動的に浄化されるということです。


ですから、腎臓病もファスティングにより改善できると言えるようです。




「透析患者の約八割は、断食など食事療法で改善し、透析は不要となります」(菅野喜敬医師)




上記のような、当たりまえの指導をする医師は、日本では数少ないようです。




透析患者一人につき500万~600万円という透析代が、透析を行う医師には毎年入るようになっているそうです。




信じたくない話しですが、日本には、金の亡者となってしまった医療者が少なからずいるようです。




やはり、今の世の中自分の身は自分で守るという意識を持って暮らして行かなければならないようです。




みなさん、本当に食べ過ぎにはくれぐれも注意して下さい。




そして一日も早く、「減食、ファスティング」を生活の中にとりいれましょう。



正しい知識を身につけ自分や家族を守りましょう!



「減食、ファスティングを日本の文化に!」


~~~~~~~~~~~~~~


減食やミネラルファスティングをやっていくうちに 健康になり 運が強くなってくるのを 体感されてみてくださいね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。いつも心より感謝してます☆



※ファスティングと減食を日本の文化に!


★ゲットラックカンパニー正規代理店
★まるかん特約店
★yevo

若返り研究所てまり
小西一代

さようなら☆ごきげんよう





スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント