てまりニュース♪第176号

2015.06.25 06:52|てまり

おはようございます。
いつも心より感謝しています☆



久しぶりに 「命の授業」の動画をみました。


学校の先生がスキーで事故にあって、その後作った動画です。


文章だけだと、臨場感にかけますが シェアしたいと思います。


~~~~~~~~~~~~~

2013年3月1日に人生を大きく変える出来事がありました。


それは スキーで転んで 首の骨を折ったことです。

このとき お医者さんは 奥さんに 多分寝たきりか車いすの生活になるでしょうと 話しました。


手術は成功しました。

しかし 一週間だっても手足は全く動きませんでした

のどには管が入り しゃべることもできませんでした。

毎日 どうやったら死ねるか そればかり考えてました。


手足の動かない私が死ねる方法

舌を噛むことでした。

舌をかみました。でも痛くて途中でやめました。


死ねませんでした。

本当は生きていたかった
でも生き方がわからなかった


そんな私に生きる勇気をくれた人


「何があってもずっーと一緒にいるから」奥さんの言葉


「お母さん 代われるものなら代わってあげたい」


「先生 まっているから」仲間と生徒たちのことば

事故で死んだ教え子の存在
病院で死んだ友達の存在


「優しさ」と「強さ」をもらった時でした。


一人じゃないって 生きなきゃって


助けてって言っていいんだっ気がつきました。


動けなくても「花」のように生きることはできるかもしれない


いつも「笑顔」でいるときめた。


どんなことにも「ありがとう」を言おうと決めました。


そうしたら 手足がうごきはじめてくれたんです。


そして必ず学校にもどるってきめました。


しゃべる喜び

立ち上がれ 歩ける喜び


字が書け お箸が使える喜び

当たり前だと思っていたことに

「幸せ」と「感謝」を見つけました。


ケガから4ケ月後 学校に戻れました。


~~~~~~~~~~~~~

まだ 続きがあるのですが長いので 続きは明日~♪


最後まで読んでいただきありがとうございます。


さようなら☆ごきげんよう


若返り研究所
てまり*小西一代











スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント