てまりニュース♪第157号

2015.06.05 06:41|てまり

おはようございます。
いつも心より感謝しています☆


田村まゆみさんの絵本


「みんな地球に遊びにきたよ」

の読書会があるというので

参加してきました。


まゆみさん、バーグくん、集まられた方がとっても 柔らかな雰囲気で

和やかな読書会&お茶会でした。


最後に

「いのちの歌」を参加者全員で歌ったのですが


歌詞が とっても響いたので

てまりニュースで「歌詞」をシェアしたいと思います。


~~~~~~~~~~~~~


『いのちの歌』




生きてゆくことの意味


問いかけるそのたびに


胸をよぎる


愛しい人々のあたたかさ


この星の片隅で


めぐり会えた奇跡は


どんな宝石よりも


たいせつな宝塚


泣きたい日もある


絶望に嘆く日も


そんな時そばにいて


寄り添うあなたの影


二人で歌えば


懐かしくよみがえる


ふるさとの夕焼けの


優しいあのぬくもり



本当にだいじなものは


隠れてみえない


ささやかすぎる日々の中に

かけがえない喜びがある




いつかはだれでも


この星にさよならを
するときがくるけど


命は継がれてゆく


生まれてきたこと


育ててもらえたこと


出会ったこと 笑ったこと

そのすべてにありがとう


この命にありがとう♪



~~~~~~~~~~~~
この歌は昔 オカリナのボランティアグループにいた時に 一生懸命練習した曲で 

とっても懐かしかったです


改めて 歌詞が本当に素敵だなぁ~って思いました。


また オカリナで吹けるように練習したくなりました♪


田村まゆみさんの絵本は


アマゾンでも購入できますので

興味があるかたは、ぜひ読んでみてくださいね!




最後まで読んでくださってありがとうございます。



さようなら☆ごきげんよう


若返り研究所
てまり*小西一代



スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント