てまり通信☆感謝してます!NO.372 

2018.04.15 08:02|てまり

みなさま おはようございます(*^o^*)


今日はバイオアロマの社長講演会が浅草橋の西口、ヒューリック浅草橋で1時半よりあります!


タイミングが合う方は、お話を聞いてみてくださいね♪(参加費は無料です)


今日という日が すばらしい1日になりますように!

河野修一さんのアメブロからシェアします。



『人生の通信簿のおはなし』
_____________



人はこの地球から

一種の通信簿を手にして去っていく。



そこには刻一刻と感情を

いかにとらえていったか記されている。



人間の永遠の部分を満たす、

その目に見えない感情こそが、

すぐれた人、劣った人の差を作るのだ。



行動は、心の奥の感情と意図が


表に出るときの回路にすぎない。



マルロ・モーガン

「ミュータント・メッセージ」より


     ☆


「ミュータント・メッセージ」は、

僕の大好きな本の一つです。


この本の中の記述の一つによると、


オーストラリアのアボリジニたちは、


人の行為の手前にある想いが、


「どんな想いで行動したのか」、


それが行為や経験そのものよりも


最も重要だと信じているそうです。


別の表現で言うと、


人生での出会いはすべて経験であり、

ひとつひとつの経験に対して、


『「経験の輪」を閉じる』

ことが大切であると述べています。



「経験の輪」とは、耳新しい言葉ですね。



『経験の輪を閉じる』とは、

行為と感情を「完結させる」ことを指しています。



たとえば、


相手に嫌な感情を持ったとき、


その輪を閉じずに離れていったりしません。



『起きたことをよく観察して学んで賢くなり、


最後には感謝と祝福を与えて、


平和な気持ちでその場を離れます』



つまり、どんな経験も、


最後は必ず「感謝」で終えます。


そうすることにより、


「経験の輪を閉じる」のです。



そうしなければ、


嫌な感情をいつまでも引きずることになり、


生命エネルギーや、時間や、注意が、


「無駄にだらだらと費やされ」、


人生の後半で同じことが、

再びくり返されることになります。



アボリジニは感情面やエネルギーの面で、

『一つの経験を完結させること』

の重要性を教えているのです。



普通であれば、

「嫌な感情をいつまでも引きずってしまう」

ことの方が多いかもしれませんね。



でもその「想い(感情)」は、

おそらく別の嫌な体験を呼び寄せる


新たな「原因」になってしまうでしょう。


なぜなら、

「エネルギー(周波数)は正直」です。


同種のエネルギーと「共鳴」します。



怒りは怒りを、疑いは疑いを、

何度でも引き寄せてしまうことになります。



実はどんな体験や経験も、


・僕たちの「愛の質」を試す機会


・僕たちの「愛を広げる」チャンス と


捉えることもできるかもしれませんね。



そうであれば、

どんな出来事に遭遇したとしても、


最後は「感謝」や「平安な気持ち」に包まれて

「経験の輪」を閉じたいものです。



人生の最終章を閉じるときに、


自分の「人生の通信簿」が、

「負の感情の渦に翻弄されただけの記録だった」

というのでは、残念ですものね。^^



~~~~~~~~~~~~~     


ブログをよんで、感謝 や 平安な気持ちを より大切にしていきたいと思いました。



日頃から上気元で過ごしていくことが、感謝と平安な気持ちに繋がるように思えてきました。



おかげさまで、今日も「てまり通信」を配信できたことを、


心より感謝します。


世界中の人が元気になり、しあわせになりますように!


素晴らしいあなたにとっても


今日という日が


しあわせをたくさん感じられる1日になるよう応援しています!!




若返り研究所てまり
小西一代


てまり通信の配信が不要な方は、お知らせください~。








スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント