FC2ブログ

てまり通信☆感謝してます!NO.378 

2018.02.21 07:59|てまり


みなさま おはようございます(*^o^*)


長年リュウマチの痛みで苦しんでいる方が


キセキのシンホニーの音浴&患部をヘッドホンで挟んで流していたことで


痛みが軽減した体験談を聞きました。


その方は、10年以上、1日中全身体に痛みがあり、(一級の障害者手帳を持っている)


特に右肩がズキンズキン痛んで


痛みを感じない時がなかったと教えてくれました。


それが、音浴している間は、激痛が緩和されたそうです。


今まで、たくさんリウマチにいいといわれたものを試してきて、結果が出ずにどんどん酷くなってきた時に

キセキのシンホニーを教えてもらったそうです。


伊川茂樹先生が、特殊な技術で開発した、キセキのシンホニーに入っているさまざまな周波数で


いろんなキセキが起きています!




今日という日が すばらしい1日になりますように!

進化メソッド(芯トレ・進化体操・とろける整体・シン速読)の津田啓史先生のメルマガをシェアします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【認知症は水で治る!?】

冬場のお水はよさそうだ、というお話の続報です。





●認知症は水で治る



水のことを調べてたら


『認知症は水で治る』という本を見つけました。


ジャーナリストの朝まで生テレビの田原総一朗さんと、お医者さんで竹内孝仁さんという方の対談本です。

強烈に納得度の高い本です。


それは理論が先にあるのではなく、介護施設の現場の状況を把握して改善した結果としての主張だからです。


水を飲むだけでほんとか?と思いますが、


逆に「脱水症状になると起こる行動障害や認知力の低下」の逆をいくだけだと解釈すると腑に落ちます。


脱水症状に陥ると、注意力が散漫になり、あげく幻覚を見たり、


さらに進むと生命が奪われます。


逆になれば、物事にちゃんと集中して状況を認知していけるということですね。

その本の中で「どれぐらいの水が必要か」ということが書いてあって、


それが一日に1.5リットルでした。


私が「冷えないな」と感じ始めた水分量と一致しました。


加古川のトシオさんからもメールをもらっていて、


冬場になると肌のかゆみで夜中に目が覚めるときもあって毎年の悩みでした。


メルマガを読んで、確かに水の量が少ないと自覚して飲み始めて


1・5リットルを超えたあたりで、かゆみが引いて悩まなくなったそうです。


整体では年中水を飲めと言っているわけではなく、


乾燥する厳冬期に特にと言っているのですが、


変なジュースやらで無駄遣いするぐらいなら、


そのほかの季節もそこそこ水を飲む方がいいかもしれません。


認知症の症状がどんどん軽くなっていくという竹内先生の本は、


これが本当だったらものすごく救いになる話だと思います。


100人が100人に効かなくても、半分の人に効くだけだってすごい。


ちなみに本の中では、水を飲むことだけを強調しているわけではなく、


生活習慣や運動や栄養や排せつのことも併せて解説されています。


~~~~~~~~~~~~

認知症に関しては、いろんな情報がありますが


先日テレビのニュースで、アルツハイマーの原因は、「アミロイドベータ」と言われていました。


ニュースでは、アミロイドベータの蓄積で患者を探すとありましたが


「プラズマローゲン」が、解決の糸口になることを、教えてもらっているので


現在問題を抱えていたり、年齢を重ねている人には、

きちんと伝わり、利用してもらえるといいなぁ~と感じてます。


ともかく一番簡単にできることは、


「水を飲む」ですね!


水は、マグソフィアの水がオススメです(*^o^*)


おかげさまで、今日も「てまり通信」を配信できたことを、


心より感謝します。


素晴らしいあなたにとって

今日という日が


しあわせな1日になるように応援しています!!



若返り研究所てまり
小西一代


てまり通信の配信が不要な方は、お知らせください~。








スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント