てまり通信☆感謝してます!NO. 357

2018.01.30 08:05|てまり

みなさま おはようございます(*^o^*)


昨日ご紹介した「全捨離」を早速実践された、お二人の方から


シンクとガス周りをスッキリと全捨離した写真を送ってもらいました!


私もやってみて、気持ちまでスッキリしました。


全捨離は、今までやってきた断捨離のバージョンアップみたいに感じてます。


必要なもの、大切なものだけを残し、


その他のものを捨てることが、こんなにも気持ちがいいのには、びっくりです。

まだまだ、取り組むところはありますが、


開運目指して楽しみます♪


今日という日が すばらしい1日になりますように!

昨日は、バイオアロマの勉強会に参加してきました。

毎回参加するたびに、こんな凄いものが、今の世の中にあることにびっくりすると同時に


縁があったことに感謝の念が湧いてきます。


先日、東京でのバイオアロマのコンベンションに参加された、


栃木の藤沼医院の院長から、


バイオアロマを紹介された

中込の高橋クリニックの高橋先生が、


自分の体験をブログ(開業医のひとり言)で教えてくださったので、紹介します。





藤沼先生にはじめて会った時に 


高橋先生が、血液透析をしていて、血管シャントの皮膚の跡の汚さをみて 


生プレミアムスプレーを渡してもらったそうです。


いただいたアロマ水を、傷の跡に数日続けて塗っていたら


傷がキレイになり、血管周囲の堅さがなくなり、血管に柔軟性がかんじられるようになったそうです。


先生は、50代の後半に白内症になって手術を両眼行い


術後から網膜が浮腫み視野が歪み


何回も目玉にステロイドを注射をし


糖尿病性網膜症による眼底出血予防のために


眼底毛細血管をレーザー光で、100ヵ所以上も焼かれたそうです。


さらに、緑内障になり、左眼の水晶体をを、まるごと吸収され


人工液体成分と置換されました。


その後遺症として左眼の網膜が半分になりました。


その結果 左眼の視野が完全に歪み 右眼も緑内障の手術をしても


治らず、視野がだんだん狭くなったそうです。


バイオアロマに出会い、1月から飲んで、点眼をすると


1週間で、視野が少し広がり 異常な眩しさが軽快し 目やにが減ったそうです。


先生の友人の方も眼の具わいが悪くなり


アロマ水を眼に差していたら


その方は、嗅覚障害もあって、大好きなワインの香りもわからなかったのが


数日後 なんとワインの香りが分かるようになったそうです。


理由として、眼に点眼したアロマ水が涙小管という管を通って鼻腔内に侵入したことで


嗅覚の改善につながったようです。



アロマ水は、病気になってから使用してもOKですが


できれば元気なうちから、緑豆のアロマ水のクチュクチュうがいをして


口内環境を整えることで(歯周病から解放され)身体全体の菌バランスもよくなり


自分の免疫力を高めて、健康を維持していただきたいと思います。



2月のセミナー


2月6日浜松町


2月18日浅草橋


それぞれ一時半から


はじめて参加される方には、優れものの生プレミアムスプレーがもらえます!


全国でセミナーがありますので、問い合わせくださいね。



おかげさまで、今日も「てり通信」を配信できたことを、


心より感謝します。


素晴らしいあなたにとって

今日という日が


しあわせな1日になるように応援しています!!



若返り研究所てまり
小西一代


てまり通信の配信が不要な方は、お知らせください~。








スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント