てまり通信☆地球に住めてしあわせNO.181

2017.07.09 07:44|てまり

みなさま おはようございます(*^o^*)


七夕の日に、長崎で、キセキのシンホニーのCDを開発された伊川茂樹さんの講演会がありました。


残念ながら、私は参加できませんでしたが、感動しました!!と当日参加された方が話してくれました


障害を抱えながらも、前向きにいろんなことにチャレンジしている伊川さんのお話を直接聞いてみたかったです


次回10月15日帯広で開催が決まったそうです!


今日という日が すばらしい1日になりますように!


TCカラーセラピー本部、開発者の中田哉子(SAIKO)先生のメルマガを紹介します。



***



今日のテーマは、
「自分の身体を大切にしていますか?」


心と体はつながっています。

体が疲れていたり、体調が悪かったりすると
精神的にも追いつめられ、心のゆとりもなくなります。

いつもなら、もう少し寛大でいられるようなことも
ついついカッとしてしまったりします。


カッとなった自分を責めるのはやめて、
それよりも、周囲に休ませて欲しいと伝えましょう。

もし、あなたの家族にそういう人がいたら
どうか、ゆっくりする時間をプレゼントしてあげて下さいね♪


また、不安や心配な気持ちがあるなど、


心の状態があまり良くない時は、体も疲れやすく


同じ労働をしても、疲れ方がいつもより辛く感じます。


自分を大切にすると言うことは、


心も体も、どちらも大切にすることです。


例えば、目の前にある砂糖を使った甘いケーキ。


精製された砂糖が身体に良くないことは分かっていても


甘くて美味しいスィーツを食べた時の幸福感が得たいから


ついつい食べてしまう・・・ということがあります。

それが、時々なら良いけれど、毎日クセになったらどうでしょう?


実はこれ、数か月前までの私です(^^;


毎日、毎日、あの幸福感を得たいがために、


砂糖たっぷりのスイーツを毎日食べる。


今日はがんばったからご褒美~とか、


せっかくいただいたから~とか、


でも、それ、毎日言ってるよね(^^;
そんな感じでした。


食べた分、ハードワークや運動で、


エネルギーを消費していれば良いですが


そうでなければ、太りますし、


その分食事を減らすと栄養が摂れなくなるし、


エネルギーを消費していたとしても


急激に血糖値が上昇しますから、体に負担をかけてしまいます。
(それが依存のスパイラルにつながっている)


ということは、数年後どうなっているのかということ。


自分の身体を無視して、まるで麻薬のように


甘い物の中毒になって、それがないと幸福感が得られないと


思い込んでしまっている状態になります。


ハイ。数か月前の私ね(^^;


でも・・・
私は今、目の前に美味しそうなスィーツがあっても食べようと思いません。


買い物に行っても、
TCパパのおやつは、楽しんで選んで買って帰るのですが、


そこに自分の分はありません。


TCパパが、美味しそうに、スィーツを食べていても

横にいる私は、何とも思わず、匂いをかいでも
TCパパが一口くれようとしても・・・食べたいと思わないのです。


あんなに大好きだったスィーツですが、


すっかり禁断症状が抜け、甘い物への依存が治まったということです。


私の場合は、甘い物ですが、


これが、タバコの人、お酒の人、過食の人、仕事の人、


買い物の人、ギャンブルの人、痴漢や覗きの人・・・などがいるわけです。


そこには、得たい何らかの感情があります。


私の場合は、甘い物を食べて自分を幸福感で満たしたかったのです。


心理学を学んでますから・・・


「幸福感は他の方法でも良い!」

ということは、頭では分かっていましたが


潜在意識は変化を好まないので、

変化しないように
夜になると、自分に甘くなって、ついつい食べてしまっていました。


しかし、体に意識を向けて現実を直視してみると・・・


20代のころの体重より7キロ増えて


体脂肪も、10%増えてしまっていました・・・


筋力は衰え、すっかり筋肉の無いペロ~~ンとした中年の背中に(^^;


だから、肩こりで週に1回は、マッサージに行くわけです。


マッサージは、本当のケアではありません。対処療法です。


私は、マッサージに依存して、自分で治そうとしていませんでした。


一時的にお世話になるのは良いとしても、


肩こりすることが当たり前になり、


肩こりしたら、マッサージに行けばいい・・・と依存していました。


自分で予防することをいつのまにか怠っていたのです・・・


このままだと、10年後どうなるのか想像がつきます。


でも、そうならない人もいるわけです。


自分を大切にするというのは、そういうことです。


カラーセラピストや心理カウンセリングを学んでいる人は


どうしても、心にばかり気持ちを向けがちです。


心も大切ですが、神様からお借りしている


この肉体を大切に使うことも自分を大切にすることなのです。


例えば、いつも働いてくれている手。


手や指の一本一本のケアをしていますか?


パソコンやスマホを見て疲れている眼。


眼の保護や、疲れた目を休ませることや
眼に必要な栄養を摂ることなど意識していますか?


毎日フル稼働している内臓を
時々休ませてあげていますか?


運動不足で、筋肉が衰えていませんか?


体に意識を向けて、食べ物や運動、質の良い睡眠など

充分にケアすることで、心が元気になり、
パフォーマンスもあがり、


運気も上昇するように私は思います。



***


自分の身体と向き合うということは、けっこうきびしいと感じる方が多いかもしれません


そう言う自分も、見て見ぬふりをして長いこといました


今はあるがままを見て、いろんなことをしながら楽しんでいますが


自分の健康状態がいつもわかってしまう「ヒーロー」も取り入れて、心身とも健康な人生を楽しんでいきます♪



最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも心より感謝しています。


今日という日が、あなたにとって素晴らしい1日となりますように!


★バイオアロマ取次店
★まるかん特約店


若返り研究所てまり
小西一代


てまり通信の配信が必要ない方はお手数ですがお知らせくださいね。







スポンサーサイト