てまり通信☆地球に住めてしあわせNO.176

2017.07.04 08:23|てまり

みなさま おはようございます(*^o^*)


お友達から借りた「バイブレーショナル・メディスン」
いのちを癒す〈エネルギー医学〉の全体像


を読みはじめました


バイオアロマの香りや、キセキのシンホニーの音の周波数に出会い、タイムリーにこの本を読むチャンスに恵まれました


代替医療を少しでも理解できればと思います。


字が小さくて、文章がな難解そうですが、先日の「みやざき中央新聞」に載っていたように


敢えて難しい本を読んでみます


明日は、浜松町でバイオアロマのセミナーが一時半からあります


都合があう方は、お気軽に参加してみてくださいね



今日という日が すばらしい1日になりますように!




河野修一さんのメルマガを紹介します



この宇宙には一つの大きな「逆説」があります。


というより、そうだと僕は思っています。


それは、

『「自分の中に」無いものは出てこない』という

基本認識がベースになっている逆説です。



例えば、


1,何かの病気になる時、

体は治り方を知っているから症状を出しています。


(人は治り方を知らない症状を出すことはできません)



2,何か大切な問い(質問)が頭をよぎる時、

本当は答えを知っているから問いが出ています。


(人は答えのない質問を思いつくことができません)



3,何か素敵なイメージやアイデアが湧く時、

それはすべて実現可能だからイメージになっています。


(いまはSFの世界のお話でもいつか必ず実現します)



4,人に「永遠」とか「不死」という概念があるのは、

自分が本来そのような存在だからです。




そして、

「治り方」や、「答え」や、「イメージ」や、「概念」を

『知っていて出している自分』というのは、

自我ではなく、「高次の自分(魂)」のことです。



だとすると、

どんな時も僕たちは、

本当は人生のハンドルを自分で「握っている」わけで、

なんにも深刻なことなどないのかもしれませんね。^^



みなさんはこの逆説、どう思いますか?



・・・・・・・・・・・・
このお話を聞いて、そうだよね~!と思わず言ってました。



何にも、深刻なことは起きない!


たとえ起きた(起こした)としても、深刻に受け止めて感情移入しなければ大丈夫って感じています


宇宙はどんどんよくなる
人もどんどんよくなる!



最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも心より感謝しています。


今日という日が、あなたにとって素晴らしい1日となりますように!


★バイオアロマ取次店
★まるかん特約店


若返り研究所てまり
小西一代


てまり通信の配信が必要ない方はお手数ですがお知らせくださいね。






スポンサーサイト