てまり通信☆地球に住めてしあわせNO.160

2017.06.17 08:21|てまり

みなさま おはようございます(*^o^*)


ミネラルは、食事でなかなかとれない場合もありますが


ミネラルをスムーズに補うことができるが、一人さんが作った、浄化青汁です♪

これから夏本番を迎えるのに、熱中症予防にもなります!


一箱、93包12000円(税別)一本129円


食前に一本飲むだけで不足がちなミネラルがしっかり補われます。


試してみたい方は、お知らせくださいね~



今日という日が すばらしい1日になりますように!

お友達から教えてもらったメルマガに興味深いことがのっていたので紹介します♪





伊勢神宮の話で、私が今までに「書かなかった・書けなかった」内宮で体験したエピソードをこの際に書いて置こうと思います。


なぜ書けなかったのか?

という理由は、あまりにも奇異で個人的な現象だからです。



つまり今日の話は、私の個人的な想像話であり、現実では無いという前提で読んで頂ければ幸いです。


私は、「正神に奇異なし」と何度もお伝えしています。


つまり本当の神様(正神)は、



[*] 話し掛ける事は無い。個人に言葉では話さない。



[*] 異常現象・奇異現象を個人に見せることをしない。という意味です。


でも、悪霊・魔神は人間に奇異現象を見せるのが大好きです。


また個人の生活に現実的な干渉(金銭・健康・仕事…… )もします。


これをエサにして、大衆を洗脳したり、巨大な集金組織・国家をも動かすことを歴史上でもしています。



しかし、その正体は大切なモノを失う交換条件(生命力・後年の金運・家族の生死……)の上での奇異に過ぎない訳です。


御利益どころか、祈願によって契約した悪徳なサラ金業者から、大きな借金を『前借りした』に過ぎないのが霊的な真実です。



また、個人で神の声が聞こえると自称する人の99%以上は、狐霊(野狐・ヤコ:魔界に落ちた狐霊)や蛇霊の


憑依であることは、今も昔も完全に言えることです。


特に幽界の力が強かった昭和時代は酷かったです。

正神は、
[*] 個人の生活に干渉はしませんが、社会や国や全体への視点について、個人に「思い」を伝えることは有ります。


個人の利益に関わるような指導やお告げはしませんが、個人を通して社会や国家全体に関する「思い」を伝えることが有るということです。



実は、内宮ほどに参拝時に強く「思い」が来る神社は他にありません。


非常に霊的に活発に生きている聖地であり、


逆に不敬があると危険な場所だと思います。


伊勢神宮の古代からの歴史には、一般人の参拝を許さない世紀が長くありました。



これが特にオープンに成ったのは、明治天皇が出現されてからです。神宮に関しても大きな改革を実行されました。



また社会全体に対しても、明治天皇は「神仏分離令」を発令して、


中途半端な寺や神社の廃止を行っています。


伊勢神宮は、僧侶は五十鈴川を渡ることが許されないほど、


参拝を制限する厳しい皇室専用の神社だったのです。

霊的な実態から言いますと、


今のように二日酔いや裸同然の洋装に素足・サンダルで参拝に行くような場所では無いのです。


だから伊勢神宮に参拝後に
[*] カップルは別れる。

[*] 神木に抱きつけば、3年以内に骨折する。


[*] 参拝後に良いことが無い。

という風評が噂に言われることも有ります。


つまりこれは、霊的に今も生きている聖地、である証拠であり、畏れるべき場所である証明に逆に成ります。



先ず、私が外宮に参拝しますと、今までに奇異なことは一切ないです。


ここには宇宙の果てしない「無」が存在しています

。非常な静寂と心地よさが存在しています。


そして内宮なのですが、正宮前の石階段を上り始めた時から、私の脳に私が知り話す言葉に変換された「思い」が、


「よく来られたね~」「良きかな~良きかな~」と来ます。


そし実は、『どの参拝者に対しましても』、

「あなたは、国のために何をしてくれるの?」


「あなたは国に対して何をしたい?」


と天から呼び掛けている「思い」が来ているのです。


このような思いが、伝説の女傑・神功皇后(じんぐうこうごう)のような、腹の座った太いイメージの女性から来ます。


内宮には、歴代のヒミコ(巫女の最高位の役職名)や皇女たちが、代わる代わる今でも常駐して参拝者を観ている聖地だと言えます。


だから、多くの人は内宮に参拝している最中に、


「あなたは国に対して、何をしたいの?」


と天の皇女から呼び掛けられているにも関わらず、


自分の個人的な希望ばかりを想っているわけです。


これはガッカリされて、スルーされます。



わざわざ伊勢神宮まで参拝に来られて、これは勿体ないことです。


でも、歴史を調べて、神宮は皇室の先祖霊を祭る神社であることを知っていれば、


自分の個人的な利益を祈願などはするべきでは無い道理は分かるものです。



今日の私が言いたいことは、内宮に参拝した時は誰もが、


「あなたは国のために何をしたいの?」


と皇女から問われていると思ってください。


この時の返答次第では、人の運命などは大きく変わる


ことが内宮の神様には簡単なことなのです。


これが今でも継続している最中~・奇跡の聖地が内宮です。


ある意味で、外宮よりも、内宮はコノ世に干渉が出来る・コノ世に近い次元…とも言えます。


だから余計に自分のことは一切思わずに、全体に関することを思うべき聖地だということを知って置いてください。



国のために、全体のために、特に何をすれば良いのか?何を思えば良いのか?


これが思い付かなくても、この言葉を思うことが国のため、人類のために成ります。それは、



『生かして頂いて 有り難う御座います』

感謝…。



・・・・・・・・・・・・

伊勢神宮にはまだ行ったことがないのですが、行くまえに知ることができて良かったです


伊勢神宮の神様に対するエチケットを守り、参拝してみたいです


最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも心より感謝しています。


今日という日が、あなたにとって素晴らしい1日となりますように!


★バイオアロマ取次店
★まるかん特約店


若返り研究所てまり
小西一代


てまり通信の配信が必要ない方はお手数ですがお知らせくださいね。








スポンサーサイト