てまり通信☆地球に住めてしあわせNO.151

2017.06.08 08:36|てまり

みなさま おはようございます(*^o^*)


今日は浜松町でバイオアロマのオポチュニティが、一時はんよりあります♪


はじめての方は、優れものの生プレミアムスプレーがいただけますよ!


今日という日が すばらしい1日になりますように!

水が悪さをする「水毒」の記事を見つけたので紹介します



水毒 はもともと東洋医学から生まれた言葉で、


からだの中の水分の循環が滞っていて 必要なところに水分が届かず


古いものも排泄されずに
溜まってしまい それが悪さをしている状態をさします


梅雨から夏にかけて湿度が高くなると 皮膚から水分を


排泄する機能が働きにくくなります


皮膚から排泄する水分量はかなり多く(汗ではない水分)

体重50キロの人だと(気温28度で)1日で約 750ミリリットルが皮膚と呼気から失われる水分)として 排泄されてます



ビールをドイツで飲んだ場合、気候が乾燥しているので

皮膚と呼気と尿のバランスが保たれていて

皮膚から水分がどんどん蒸発しているから、日本で飲むよりトイレにいく回数が少なくなります


湿度の高い日本に住んでいると 皮膚からの排泄が少ない分


腎臓が一生懸命働かなければならず


腎臓への負担が大きくなります


日本の腎臓病患者数が多い理由は このような気候的条件も 原因の一つとされてます


続く


・・・・・・・・・・・・
水毒という言葉は聞いたことがありましたが、今回はじめて意味がわかりました(笑)



最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも心より感謝しています。


今日という日が、あなたにとって素晴らしい1日となりますように!


★バイオアロマ取次店
★まるかん特約店


若返り研究所てまり
小西一代


てまり通信の配信が必要ない方はお手数ですがお知らせくださいね。





スポンサーサイト